風呂の水道工事で多い給湯器の交換

水道業者にお風呂場に関する工事を依頼されるケースも少なくありません。その中で給湯器に問題が発生している事例も結構見られます。給湯器には寿命がありますから、そこに近づいているのであれば、修理ではなく交換したほうがいい場合も出てきます。

■お湯の温度が不安定になっていないか

給湯器の不具合の中でも多いのが、お湯の温度が不安定になる症状です。通常シャワーなどをお風呂場で使用した場合、最初はお水が出てくるはずです。しかしだいたい1分も待っていれば、お湯になって温度も安定してきます。
ところが、中にはシャワーを使用している最中でも冷たくなったり熱くなったりを繰り返す場合もあります。ひどくなると熱湯が前触れなく出てきて、火傷してしまうような事態も考えられますから注意しましょう。

■異音がする

給湯器を使用していると、音が多少するのは問題ありません。しかし寿命の近づいたものだと、今まで耳にしたことのない音を聞くようになります。ボンといったちょっとした爆発音がするガス給湯器を使っているのであれば、注意が必要です。
このような音がするのは、ガスが中で正常に燃焼できていない可能性が疑われるからです。そのまま使用し続けていると一酸化炭素を発生させる、黒煙が漏れ出してくるなどより深刻な事態に発展しかねません。早く水道工事の業者を呼んで、状況を確認してもらうべきです。

■まとめ
使い方にもよりますが、給湯器は大体使いだしてから10年前後が寿命といわれています。もし設置してからこれくらいの期間が経過しているのであれば、修理ではなく思い切って給湯器 交換をしてみることも検討しましょう。水道工事業者に相談すると、プロのスタッフが現場に急行して状況を確認してくれます。そして交換すべきか修理で済みそうか、プロの目線からアドバイスしてくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ