トイレの水道工事で交換の必要性はあるか

水漏れやつまりなど、トイレで何らかの不具合が発生していることはないですか。この場合、水道工事業者などに相談して修理を依頼することになるでしょう。ところでこの修理、問題のあるパーツを交換する以外にも便器ごと交換してしまう選択肢もあります。どのようなケースで必要になるかまとめてみました。

■トイレの交換をすべきかどうかの基準

修理して今のものを使い続けるか、トイレの交換をしてしまうか、判断基準はいくつかあります。まず水漏れの発生している場合です。配管で発生しているのであればパッキンの交換や緩んだボルトなどを締めなおすことで対処できるかもしれません。しかし、便器と床の間や便器にひび割れが発生していてそこから水が漏れている場合などは、交換したほうがいいです。
このような場合、床が濡れる恐れが高いです。そのままにしていると床の腐食や集合住宅の場合、階下の住民の天井を濡らす二次被害が発生しかねないからです。またウォシュレットが正常に作動しない場合、機械のトラブルが発生している可能性が考えられます。精密機械のため、修理不能で全部交換しないといけないケースも出てきます。

■定期的に交換することのメリット

トイレに不具合が発生した場合、水道業者に修理依頼して既存のものを使用するのも選択肢の一つです。しかし、トイレを丸ごと交換してしまった方がロングスパンで見るとメリットが期待できます。
というのも最近のトイレの製品を見てみると、機能がどんどん進化しています。特にその中でも見逃せないのが、節水や節電機能です。修理費用がかかったとしても、その後の電気代や水道代の節約効果を考えれば交換した方がいい場合もあります。

■まとめ
トイレに不具合が発生した場合、その問題の発生個所を修理する方法もあれば、丸ごと交換するリフォームも考えられます。どちらにするか予算なども考慮しながら、水道工事業者と相談のうえ、ベストの選択をすることです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ