ウォシュレットで水漏れする時は水道工事業者に相談

自宅でウォシュレットを設置している方はいますか。今ではかなりの家庭に普及していて、毎日使用している人も多いはずです。ところがこのウォシュレット、水漏れを起こして水道工事業者に相談する案件が増えています。なぜ水漏れが起きるかについてまとめてみました。

■わずかな漏れは接続部分の劣化

水漏れでもポタポタと少量のケースであれば、接続部分に何らかの問題の発生している可能性が高いです。接続部分にはパッキンが使われていて、ゴム製のため長年同じものを使い続けると経年劣化がどうしても起こるためです。この場合にはパッキンを新しいものと交換することで、症状を改善することが十分可能です。
ただしポタポタではなく、床の大部分を濡らしてしまうような水漏れであれば、本体そのものに何らかの異常の発生している確率が高まります。

■水道工事業者に相談したほうがいいわけ

ウォシュレットの水漏れ修理を自分で行う方法は、しばしばインターネット上で紹介されています。しかし素人が行わないほうがいいです。というのもウォシュレットは非常に複雑な構造をしていて、精密機械が関わっている部分もあるためです。下手に触ってしまったことで、本格的に壊れてしまうこともあり得ます。
止水栓をドライバーを使って止めれば水の流れがストップするため、水漏れの症状はそれ以上悪化しません。そのうえで水道工事専門の業者に連絡するのがベストです。

■まとめ
ウォシュレットは複雑な構造をしているため、接続部分の水漏れであればわかりやすいです。しかし本体の異常であれば、どこで問題が発生しているか素人が特定するのは困難です。
水道工事業者に連絡して、ウォシュレット 水漏れの原因を特定してもらい、速やかに必要な修理をお願いすることです。24時間・365日対応している業者であれば、いつでも速やかに駆け付け、修理作業を開始してくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ