蛇口の水道工事に必要な前準備

蛇口をきちんと閉めているにもかかわらず水が止まらない、水道のどこかから水が漏れているといったことはないですか。これは蛇口のどこかで何かしらの不具合が発生していることが考えられます。こういったケースは、水道工事の業者に修理をお願いするといいです。しかし、その前に準備すべきことについて紹介します。

■元栓を閉めよう

水道工事の業者が修理を始める際に、まず元栓を閉めます。これをやらずに蛇口に手を加えると水道をせき止めるものがないため、水があふれかえってしまいます。自分たちで元栓を閉めておくと、作業する人の手間も省けますし、作業時間も短縮できます。
住宅によって若干の違いがあるかもしれませんが、一般的にはキッチンであればシンク下などの収納棚に設置しているケースが多いです。見つからないようであれば業者にスタッフにお願いしましょう。

■無理せず業者にお願いすること

蛇口の修理であれば、自分でもできないことはありません。実際の修理方法について紹介しているサイトもたくさん見られます。必要な工具がそろっていれば、自分で行っても構いません。工具や材料の費用程度にコストを抑えられるのは魅力です。
ただし基本的に確実性を考えれば、水道業者にお願いしたほうが無難です。ポタポタ水漏れしていた程度だったのが、素人がいじったために本格的に水道を壊してしまうことも考えられます。すると簡単な修理ではなく、蛇口 交換することになって、より多くの費用が掛かってしまうこともあり得ます。

■まとめ
私たちの生活の中で、水は欠かせないものです。普段特に意識せずに使っている人も多いでしょうが、ひとたび蛇口の不具合などで使えなくなると途端に生活に支障をきたします。自分で交換することも可能ですが、より症状がひどくなることも十分考えられますから、自信がなければプロの業者にお願いするのが賢明といえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ